助成金につきまして - 産業医・産業保健師のご紹介 | 株式会社ロムラボ

小規模事業場産業医活動助成金

常時50名以上の従業員を使用する事業場には、労働安全衛生法により、産業医の選任が義務付けられているのですが、 その一方で、従業員数50名未満の事業場については、産業医の選任義務はないものの、 『医師などに従業員の健康管理を行わせるよう努めなければならない』 とされています。

産業医選任義務のない事業場が
産業医を導入した際にもらえる助成金


「小規模事業場産業医活動助成金」 「小規模事業場産業医活動助成金」

「小規模事業場産業医活動助成金」とは、小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と産業医活動の全部または一部を実施する契約を締結し、 産業医活動を実施した場合に実費の助成を受けることができるものです。

【支給要件】
助成金の届出前に、以下の要件すべてを満たしている必要があります。
  • 小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること
  • 労働保険の適用事業場であること(労働保険番号が付与されている)
  • 平成29年度以降、産業医と職場巡視・健診異常所見者に関する意見聴取・保健指導産業医活動の全部または一部を実施する契約を新たに締結していること
  • 産業医活動を実施していること
【助成金額】
一つの事業場につき半年あたり実費精算で10万円を上限とし、将来にわたって2回限り支給
【受給までの流れ】
  • 産業医と契約をする
  • 契約に基づいた産業医活動を実施する
  • 産業医に対し、報酬を支払う
  • 産業医活動を開始して6ヵ月後に、助成金の支給申請を行う

詳細につきましては、随時検討されており、変更される可能性もございます。

詳しくは「労働者健康安全機構」のウェブサイトにてご覧ください。 
「労働者健康安全機構」